>

万が一の事態が起こっても良いようにする

失敗した時の対応を調べよう

プチ整形を受けて異変が起こった場合は、すぐ医師に診てもらわないといけません。
早く対応しないと症状が悪化します。
施術を受けた直後は何も起こっていなくても、しばらく経過してから異変が見られることがあります。
アフターサービスがあることはもちろん、期間が長いところに施術を任せてください。

短いところだと、アフターサービスで対応できる期間が1か月程度で終わります。
それ以降に異変が見られた場合は、対応してもらう時に時間がかかったり高い料金が発生したりします。
アフターサービスの有無を確認するだけで終わらないでください。
いつまでアフターサービスを適応できるのか調べて、最低でも3か月から半年は対応してもらえる病院に行きましょう。

料金に惑わされないで病院を決める

なるべく安い価格で、プチ整形を受けられる病院に行こうと考えている人が多いのではないでしょうか。
しかしいくら安くても、アフターサービスがない病院へ行くのは避けてください。
目を大きくする施術を受ける時は、両目で7000円から8000円ぐらいになります。
たくさんの病院を探すと両目の施術で、5000円程度で済ませられるところが見つかるかもしれません。

料金だけを調べると、そのような病院に行きたいと思ってしまいます。
ですが、アフターサービスがあるでしょうか。
安い料金を設定している代わりに、あとで異変が起こっても対応してくれない病院がほとんどです。
異変が起こって処置してもらいたい時は、高い料金を支払うことになるので余計な出費になります。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る